戸建て住宅を建て替える時は事前調査が大切

ビル

折りを見て古くなった戸建て住宅を建て替えることも多いですが、場合によってはリフォームに留めた方が良いケースもあります。
特に隣家との距離が近く、日照権の問題が絡む場合は、希望した設計で建築できないことがあるのです。
また、横幅が4mに満たない道路に面しておりますと、その道路の中心線から2mの後退が義務付けられているため、そのぶん建築スペースが目減りします。
これはセットバックと呼ばれ、狭あい道路に隣接した不動産ではポピュラーな建築条件ですが、日照権とも重なった場合、予想以上にスリムな家屋になってしまうパターンも見られるのです。
建て替えて本当に良かったと感じられれば良いのですが、そうでない場合は現行の建ぺい率を活かし、リフォームで対処した方が賢明かもしれません。
取り壊してからでは遅いですから、建て替えをご検討中の際は、先ずその点をしっかりチェックしましょう。
さらに低層住居専用地域ですと、上方へ伸ばすことも困難な場合があるため、とりわけ入念な事前調査が必要です。

ビル